グリーンプロポリスを含んだサプリメントの特長について

    
     
プロポリスはミツバチの巣から抽出されるエキスですが、その種類は一つではありません。
ミツバチの巣がある場所によって植物や花の蜜が異なるので、採取される場所ごとにプロポリスに含まれる成分も違います。
グリーンプロポリスは、数あるプロポリスの中でも希少性が高いと言われていますが、サプリメントにはどのような特長があるのでしょう。

・グリーンプロポリスとは

グリーンプロポリスは、名前の通り緑色のプロポリスです。
あまり知られてないのですが、プロポリスの品質というのは安定していません。
ミツバチの生活環境が犯されると、十分な蜜や花粉を集められないこともありますし、気候が悪いと蜜の性質も変性します。
当然ですが、自然界で作られるものなので、ミツバチの状態や天気などによって品質が低下することもあるのです。
ですが、グリーンプロポリスはブラジルの特定の地域にしか存在していません。
つまり環境が整って天気も安定している地域だけで作られているため、高品質のプロポリスが採取できるのです。

普通のプロポリスとの違い

グリーンプロポリスと他のプロポリスとの違いは、見た目の色だけではありません。
グリーンプロポリスを作るのは、アフリカ蜂化ミツバチです。
アフリカ蜂化ミツバチはとても攻撃的なミツバチで、さらに強い防衛力を持っています。
この攻撃的かつ優れた防衛本能から作り出されているので、本来なら気性の優しいミツバチが作るプロポリスよりも高い栄養素が含まれています。
また、グリーンプロポリスの起源植物はアレクリンです。
ブラジルの一部にしか自生しないアレクリンは、ウイルスや細菌に対しての抵抗作用を持っています。
このアレクリンが起源となっているので、普通のプロポリスより強力な抗菌作用を得ることができます。

・サプリメントの特長

グリーンプロポリスを含んだサプリメントには、遺伝子異常を起こした細胞の増殖を防ぐという特長があります。
プロポリスの代名詞と言えば、豊富に含まれるポリフェノールの抗酸化作用です。
抗酸化作用は、細胞の老化を防ぐ働きをしてくれるので、病気の予防や症状緩和などの効果があるようです。
また美容で言うとアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。
ただし、遺伝子異常に対しては抗酸化作用が働きません。
グリーンプロポリスには、アレクリンに含まれるアルテピリンCという経皮酸誘導体が入っています。
この誘導体の働きで、遺伝子異常細胞が増えることによる疾患の予防や体調不良の改善効果が期待できるのが特長と言えるでしょう。

グリーンプロポリスのサプリメントは少々値が張るものの、それだけの効果効能が期待できるのですね。

PAGE TOP